【注意喚起】携帯ショップ店員が考える正しいググり方【フィッシング詐欺】

当ページのリンクには広告が含まれています。

おはこんばんにちわ、ウィスです。

 

今回はいつもと少し違った内容について書いてみたいと思います。

 

スマホやパソコンが苦手な方や高齢の方にぜひ見ていただけたらなと思います。

 

というのも、以前身内がフィッシング詐欺に引っかかってしまい実際に被害に遭った事がありました。

 

具体的には、パソコンを使っている時に突然ウイルスが入った!というような画面が出て、今すぐここに電話してくださいというような内容でした。

 

ちなみにフィッシング詐欺とは、大手の会社を語った偽のページなどで個人情報やクレジットカード情報を入力させて悪用する詐欺のことです。

 

携帯ショップ店員は、普段からお客様にこーゆー内容の相談も受けているので一瞬で詐欺だということに気が付くのですが、見慣れていない方からするとビックリしてしまいます。

 

慌てて電話をかけてしまうと相手はこうしたら直せるから一刻も早くお金を払うように誘導してきます。

 

パニック状態で正常な判断が出来ないと、詐欺に引っかかってしまうんですね。

 

この時はMicrosoftを語ったフィッシング詐欺で、遠隔操作でビデオ通話を繋がれて実際に顔を見て話したようです。

 

相手は日本語ペラペラな金髪のお姉さんだったようで、Microsoftの人だと信じてしまうという・・笑

 

なんとかしたければ今すぐiTunesカードを買ってコードをこちらへくださいというものでした。

 

私に電話がかかってきた時は気が動転していて、内容を聞いて0.5秒で詐欺だと気付いた私はコードを見せたかどうかすぐに聞きました。

 

結果、コードを見せた後だったのでもう全て終わった後だと悟りました。

 

ちなみにクレジットカードはカード会社が不正利用などはかなり厳しくみているので実は悪用されにくいんですね。

 

仮に悪用されてしまったとしても不正決済補償などが付いているカードも多いので実害には繋がりづらいですし、発覚した時点でカード番号も全て変わります。

 

最近はこのギフトコード詐欺が多いらしいので、詳しくない方はぜひ気を付けてください。

 

ちなみにギフトコード詐欺はAppleやGoogleに問い合わせても返金される事はありません。

 

それはそうですよね、AppleやGoogleからしたらこの問い合わせ自体が詐欺かもしれませんし、完全に第三者なので知ったこっちゃありません。

 

正常な判断が出来ていれば、MicrosoftなのにiTunesカード?(笑)と気付けるはずなんですが、パニックになっていると騙されてしまうようです。

 

 

さて、ここからが本題ですが、

 

携帯ショップ店員が考える正しいググり方

 

について書いていきます。

 

 

今となっては身近になった検索ですが、あなたは使いこなせてますか?

 

このフィッシング詐欺から学べる事は、なんでも違和感を感じたらすぐググる(検索すること)クセを付けましょうという事です。

 

 

たとえば、

 

  • 知らない電話番号から電話がかかってきた→その電話番号で検索

 

  • 覚えのない荷物の不在通知が届いた→そのままコピーして検索

 

  • ウイルスが入ったというページが出た→書いてある文章をそのまま入力して検索

 

大切なのはそのまま検索するという事です。

 

電話番号がわかりやすいと思いますが、電話番号を検索する時にあえて1ケタ違う番号にして検索しないですよね?

 

違和感を感じるものに遭遇した時には、文章の場合はそのままの文言で検索するようにしましょう。

 

これは詐欺以外にも言えることで、検索する時につい自分の主観が入って文章を作ってしまう人は多いです。

 

しかし、相手は検索エンジンなので出来るだけありのままの方が答えに辿り着ける可能性は高いです。

 

もう少しAIが普及してくれば、主観が入ったアバウトな情報でも良くなるかもしれませんがそれはもう少し先の話になるでしょう。

 

今回はこの辺で。

 

それでは、また!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次