フィルタリングって意味ない?うざい!?ちょっとまって!フィルタリングの必要性をお伝え!

当ページのリンクには広告が含まれています。

皆さんどうもおはこんばんちは!

ちゃぴぃです(🎀ㅇ-ㅇ)

えー先週は私用でおやすみ頂きましたすみません…

では前回までの投稿↓

格安SIMに変えても保証って使えるの?そんな疑問を徹底解説!

【注意喚起】携帯ショップ店員が考える正しいググり方【フィッシング詐欺】

ところで

3月ももうあと1週間ぐらいになりましたね

そして来月は4月!

入学の準備で忙しくなってるかと思いますが

その中でも準備品のひとつにスマートフォンはあるかと思います

その中で

未成年の皆様には大きな壁として

フィルタリング

が立ちはだかるかと思います

※親御様も設定の部分で大きな壁として立ちはだかるみたいですね(笑)

ではそんなフィルタリングについて店舗のスタッフ目線でお伝えして行ければと思います😊

目次

フィルタリングサービスとは

そもそもフィルタリングサービスとは

青少年を違法・有害情報との接触から守り、安心して安全にインターネットを利用する手助けをするサービス

です

つまりお子様が大人向けのアダルトサイトであったり

SNSや出会い系などでの被害を受けない為にスマホに制限をかけるということですね📱(👀)

ただ

SNSなどにも制限をかけるため

周りのみんながやってるであろうTwitterやInstagram、LINEを制限されてしまう可能性が十分にありますし

ゲームまでも制限されてしまって

なんのためにスマホ持ってるの!!

となる方は多いでしょう

実際に僕もその1人でした(笑)

なので皆さんの気持ちはめちゃくちゃ分かりますが

今は政府より

未成年のフィルタリングは義務化

と言われてしまっているためショップに来た皆様には必ずつけさせて頂いてます

そんなフィルタリング

ショップだと3種類案内してることが多いので

その三種類を御説明します(*^^*)

安心フィルターfor○○

まずは1番ショップに来たら聞くであろう

安心フィルターです

キャリアによってそれぞれ設定できますが

基本性能は同じです

年齢などによってモード(高校生モード等)として登録することが出来ます

こちら設定することでiPhoneならSafari

Androidならchromeという調べ物アプリが消えます

※Googleの検索バーは消えないんですが調べることはできません

なのでこの専用のあんしんフィルターアプリが代わりになります

これは年齢によりますが

SNSであったりアダルトサイトが元々見れないようになってます

管理者設定

管理者の設定をして頂くと

管理者様(親御様)の良いようにカスタマイズできます

例)

5歳のお子様にスマホを持たせる

LINEは使わせたいがそれ以外は制限したい

その場合は1度中学生モードのような上のモードで登録しておいて

LINEをインストールしたら小学生モードへ変更する等

※LINEは中学生モードなので13歳以上対象です

しかし

appストアの評価など見ると1.5点と嫌われているアプリになります

Twitterでも悪い評判ばかり……(笑)

まだまだキャリアも改善の余地のあるアプリかなぁと個人的に思ってます

あんしんフィルターの設定方法

基本は店舗のスタッフさんより設定方法のガイドブックをお渡しされるかと思うのでそれを見ながらやるのが1番早いですが

基本キャリアのフィルタリングなので店員さんがやってくれるはずです(笑)

スクリーンタイム

お次はスクリーンタイムです

これはiPhone用でApple社が作ったフィルタリングサービスになります

内容としては

  • スマホ利用時間の制限
  • アプリの利用時間制限
  • 電話の利用時間制限
  • 利用時間外の例外で使えるアプリ設定
  • App Storeでの購入、Appの使用、コンテンツ制限、プライバシーに関する制限の設定

を細かく行えます

スクリーンタイムの設定方法

スクリーンタイムを使うには基本お客様ご自身で行うことになります

手順は以下の通りです

  1. 「設定」をタップする
  2. 「スクリーンタイム」をタップする
  3. 「スクリーンタイムをオンにする」をタップする
  4. 「続ける」をタップする
  5. 「これは子供用のiPhone」をタップする
  6. 「これは子供用のiPhone」をタップした場合は休止時間・App使用時間の制限・コンテンツとプライバシーを設定する
  7. 「スクリーンタイム・パスコード」を設定する
  8. 保護者の方の「Apple ID」と「パスワード」を入力してOKをタップする

なお、複数のiPhoneでスクリーンタイムを共有したい場合は

「デバイス間で共有」をオンにします

以上がお子様側のスマホでの設定方法です

親御様側でお子様のスクリーンタイムを変更する方法

あんしんフィルターと同じように管理者様の設定は必要かと思いますので以下に手順を示しておきます

  1. 「設定」をタップする
  2. 「【自分の名前】」をタップする
  3. 「ファミリー共有」をタップする
  4. 設定したい相手の名前をタップする
  5. 「スクリーンタイム」をタップする
  6. 画面の指示に従って休止時間・App使用時間の制限・コンテンツとプライバシーを設定する
  7. スクリーンタイム・パスコードを作成する

以上の手順によりファミリー共有とスクリーンタイムの設定共有が出来ているので

親御様側のスマートフォンでも変更ができます!

割と自由度の高いフィルタリングになるかと思いますのでお子様目線だとこちらのほうがいいかなとは思います(笑)

ファミリーリンク

最後はファミリーリンクです

ファミリーリンクはAndroid版のスクリーンタイムです

スクリーンタイムと同じく

  • アプリの管理
  • 本体の使用時間の制限
  • アプリの許可やブロック
  • お子様の現在地の確認
  • 購入(課金)の承認の設定

ファミリーリンクの設定方法

アプリの利用時間の上限を設定する

アプリの利用時間の上限を設定するときは、次のように設定します

  1. 保護者のデバイスでファミリーリンクを開きます
  2. 子どもを選択します
  3. 「アプリアクティビティ」の「制限の設定」をタップします
  4. 制限したいアプリの横の「制限を設定」をタップします
  5. 任意の時間に設定します

アプリを許可またはブロックする

  1. ファミリーリンクを開きます
  2. 子どもを選択します
  3. 「インストール済みのアプリ」の「もっと見る」をタップします
  4. 対象のアプリを選択して「アプリを許可」を有効・無効にします

子どもの現在地を確認する

ファミリーリンクアプリでは、子どもの Android デバイスの位置を確認できます

以下の手順で操作しましょう

  1. ファミリーリンクを開きます
  2. 子どもを選択します
  3. 「位置情報」カードの「設定」をタップします
  4. 子どもの位置情報に関する設定を有効にします
  5. 「ONにする」をタップします

※位置情報が更新されるまでの時間は

通信状況やアプリの仕様によって変動します!最長で30分程度かかる場合もあります

注意点

音楽プレーヤーやメッセージアプリなどのバックグラウンド(そのアプリを開いていなくても動かすこと)で動作するアクティビティは

週ごとや月ごとのアクティビティレポートに、完全には反映されない場合があります

また、子どものデバイスの電源が入っており、インターネットに接続されているときでなければ管理ができません。モバイルネットワーク通信ができる SIM カードを契約していない場合は、携帯できる Wi-Fi ルーターを持たせることで管理ができるようになります。また、家から出る前にデバイスの電源が入っておりバッテリーの残量が十分であることを確認することも大切です。

まとめ

今回は主なフィルタリングサービスについて

語ってきました

昔と違って何もできないわけではなさそうなので

時代の流れを感じます!(感想:20代前半 ショップ店員)

一応義務ですが

親御様が使い方を完全にレクチャーor管理されるのであれば

フィルタリングなしでも問題はないかなとは思います

もし何か問題が起こってからでは遅いので

なるべくつけておくことをお勧めします

ではまた~

参考

スクリーンタイム↓

https://support.apple.com/ja-jp/HT208982

ファミリーリンク↓

https://families.google/intl/ja_ALL/familylink

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次